インドア Google マップ プロモーションムービー

Google マップ・新サービスのプロモーションムービーを制作。
制作期間がかなり限られていたので、コピペを利用して広大なジオラマを表現することに。
予想どおりゲームっぽい画面になったわけでありますが、ズームしてよ〜く見ると、やっぱり
手作りの味がほんのりと残っていて、ほどよい質感や触感が伝わってきます。 Webやゲームでも、
もっと手作りオブジェ使いませんか…?

 


最初は手描きでマッピングを試します。
ドラクエや桃鉄、シムシティなどもおおいに参考にしちゃいます。


スタイロカッターを利用して建物らしきオブジェを制作!


光を当てたときに影やハイライトなどのカタチのとっかかりが
見えるようなデザインを目指します。


丸いビルはパイプとライオンボードを使用!
アイデアノートにも載っていない素材。コスプレなんかによく使われているよ。


ムービーの中には、パンタグラフやオーリーズバードがアトリエを
構える、共同アトリエマンション“ADビル”や…


ADビルの前身・宮本ビルも並んでいます。探してみて下さい。
探すほどでもないけど… いっぱい建ってます。


ショップっぽいイメージで建物の中のアイテムも作り込んでいきます。
これらは疑いようもないヨシタケテイスト。


CGで作るよりも断然味があって制作時間も同等か早いくらい。
今、世に出てるグラフィックがもっとこういったものと入れ替わって
いくといいんですが。なぜこんなCGありきの世の中に?


スタイロを切り出して…


エスカレーター!


コマ撮りでちゃんと動きます。


ヨシタケ人形も炸裂です。最近、手・足・首・腰などの新しい間接技法が
定着しつつあります。


まるでアシュラマンのように、いろんな腕を作り貯めます。
指のカタチも様々。


セットと照明を作り込んでいきます。
場合によっては人形の下半身は外してしまいましょう。


こんな天井をつくって…


室内の照明を表現。室内の様子を再現するのはいつも苦労します。


インテリアや家具、建築のちょっとした知識が役立ちます。


スタジオもいいカンジにゴッチャゴチャになってきました。


セットや場面が変わるときは一度スタジオを掃除!
スッキリした気分で仕切り直し。
屋外の場面は意外と照明が必要。久しぶりに6〜7灯で撮りました。
照明では光を当てるのも大事だけど、もっと大事なのはそれらの
光を切ること。反射板や仕切り板をたくさん使おう。


流れる背景を動画撮影で。
セットをレールに乗せ、スピードコントロールモーターで制御。
学生時代の作品や素材は取っておくもんだ…!

INOUE

コメントを残す

トラックバックURL:
http://www.pangra.net/blog/wp-trackback.php?p=1378