【月夜のでんしんばしら】宮沢賢治 ─ メイキングその1

NHKのテレビ番組「80年後のKENJI」で月夜のでんしんばしらというお話を映像化しました。パングラ3人とアルバイトさんで2~3ヶ月かけています。曲も歌もメンバーによるもの。パングラ得意の“手作りの味”大爆発です。もっと人数を増やしてチームを組めよ! と突っ込みが入りそうですが、このやり方が僕らの性に合っているんでしょう。


でんしんばしらは昔ながらの木製。実際に木でつくりました。
間接のハリガネがモロ見えでしたが、それでいいんです。


電線にくっついている絶縁体の碍子(がいし)もスカルピーで一つ一つ作ります。


長期間練った電機総長のデザイン。この作品は絵本が何冊も出ているのですが、
幻である電機総長の解釈はどれも個性的で面白いです。


なかなかパンタらしい総長が出来上がりました。


電機総長が背負っているパンタグラフ。意外にもつくったのは初めてです。


人形造形はいつも通りヨシタケ式。名前は恭一です。
賢治の実体験を元に作られたお話だと言われています。


作品によって関節パーツの作り方は全然変わります。


服飾もヨシタケ製。各所にハリガネが入っていて
ゆらぎなどの動きが表現できます。


電線は実際にハリガネを張っている物もありますが、ほとんどPC上で
合成したものです。コレが大変だった。。。やまつん、ありがとう。


行軍のムービーをたくさん見て動きを研究しました。国によって行進
のスタイルが違っていて面白いです。それから「歩く」という行為自体
が面白いですね。ちなみに、行進は一歩前進する間に頭がぴょこぴょこと
二回も上に上がります。


回想シーンはテイストをガラリと変えています。


音楽はもちろん、東神奈川のモーツァルト・たくと氏。


声は舞台俳優さんたちにお願いしてみました。
素晴らしい演技をありがとうございました!

INOUE

“【月夜のでんしんばしら】宮沢賢治 ─ メイキングその1” への8件のフィードバック

  1. 外山 正 より:

     今回のNHKBSプレミアムの一連の作品の中でも、良い出来だと(個人的に)思いました。賢治は昔から読んでいますが、また新しい発見がありました。(なお、蛇足ですが、上から13枚目あたりのキャプション、間接 → 関節 に修正された方が・・・)

  2. INOUE より:

    コメントありがとうございました。
    漢字間違い、修正します笑。

  3. gauche より:

    今回のNHKの宮沢賢治の作品の中で、一番良いものだと思います。
    映像、音楽、構成ともに優れた作品です。

    録画して繰り返し見ていますが、飽きません。

    宮沢賢治の他の作品も作ってほしいと思います。

  4. INOUE より:

    嬉しいご感想ありがとうございます。
    我々も楽しみながらつくりました。
    BSのみの放送でしたが、もっと広く知られてほしいですね。

  5. gauche より:

    版権の問題があるのでしょうが、ネットで自由に見る事ができたら、その良さを多くの人に知ってもらえるでしょう。

    電気総長がなかなかいいと思います。その姿も、声優も良かった。

    今後のご活躍を期待してます。

  6. INOUE より:

    ご感想ありがとうございました。
    コメントに気づきませんで申し訳ありません!
    今晩0時より再放送があります!

  7. 井上詩子 より:

    とても力強いアニメーション、感動しました。
    何気なくチャンネルをつけた時、再放送をやっていたのです。
    見ることができ、幸せです。作られた方々の想像力、才能に脱帽しました。
    これからも良い作品を。期待しています。

  8. INOUE より:

    井上詩子さま
    ご感想ありがとうございました。
    とても励みになります。引き続き活動しておりますので、
    またどこかでご覧いただけたら嬉しく思います。

コメントを残す

トラックバックURL:
http://www.pangra.net/blog/wp-trackback.php?p=1808